教育について

教育をする際は忘れないための環境も考えてあげる

1日全てを教育の時間に使ってしまうと、教える側も教わる側も飽きてしまう傾向があります。
机の上での勉強は少しの時間でも辛いと感じる事になります。
そのため1日の中で数時間だけを教育に使うと言う工夫をする事も考えてみましょう。
午前中は教育をして、午後は実際の現場に入って学んでもらうと言う方法もあります。
この方法を行う事によって、飽きてしまう事が少なくなりますし、楽しんで教育を受けてもらう事ができるようになります。
また習った事をすぐに実践する事ができるようになるので、忘れにくくなるメリットがあります。
これはどんな業界でも同じ事が言えるでしょう。
やはり習った事はなるべくすぐに使わなくては忘れてしまう事になります。
まとめて教えた方が楽だと考えてしまう方もいますが、それでは受けてくれている人のためにはなりません。
時間をかけてゆっくりと仕事などを教えてあげる事も大切ですが、忘れないように工夫をしてあげるのも大切になります。

Copyright(c) 教育 All Rights Reserved.